マッシュポテト アレンジ

前回は手作りハンバーグの作り方をご紹介しましたので
今回はハンバーグの付け合わせの定番、マッシュポテトの作り方です。

マッシュポテトは通常はじゃがいもだけが材料ですが
色目が寂しいので今回はインゲンを入れてみました。

インゲンは小さいお子さんはなかなか苦手な子が多いですが
マッシュポテトに入れる事で食べやすくなります。

● 材料
じゃがいも
インゲン
牛乳
塩コショウ
ナツメグ

●作り方
インゲンは両端を切り落とす。手でちぎってもヨシ、包丁でザックリ切ってもヨシ。
沸騰したお湯にインゲンを入れて火が通るまで茹でる(大体3分くらい)
ザルに上げて冷ます。冷めたらスライスする。
(茹でる前にスライスしたほうが簡単だが栄養や風味が落ちる。手間を省くなら茹でる前カット)

ジャガイモはタワシを使って泥を落としながら水洗い。
半分か大きい場合は4つに切って鍋に水を入れて水から茹でる。
(こうすると茹で上がってから皮を剥きやすいから)
茹で塩は多めに。

菜箸で突き刺したら中まで通るくらい火がしっかり通ったら茹でこぼす。
なるべく熱いうちにジャガイモの皮を剥く。

むき方は軍手をしてその上にポリエチレンの手袋をして剥くと熱くても剥きやすいですが軍手や手袋がない場合は竹串で皮がめくれているところからはぎ取っていくと取りやすいです。
熱いのでやけどに注意。

ジャガイモをマッシャーで潰す。マッシャーが無い場合はシャモジや木べらで潰す。
牛乳を少しずつ入れてなめらかになるように混ぜる。
塩コショウ、ナツメグなどスパイスを入れて、インゲンを混ぜて出来上がり。

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%9d%e3%83%86%e3%83%88

面倒でなければ人参を入れると色もキレイになりますよ(^▽^)

小さいお子さんが嫌いなインゲンもこうして少しでも味に慣れておけば、いつか普通に食べられるようになるかもしれません。

好き嫌いの解消は年齢が小さいうちは無理にする必要はありませんが、大人になった時にあまりにも好き嫌いが多いと栄養のバランスも悪くなり生活習慣病など病気に繋がりやすくなります。

食育は長い目で見て、食べられるものと食べられないものでも工夫で少しでも口に入る工夫が必要ではないでしょうか。

[`livedoor_users` not found]
[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

ブログランキングに参加しています。
レシピが参考になったらポチッと応援、お願いします♪
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)